乳輪と陰部のかゆみ予防や治療

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 女性の肌の悩み乳輪と陰部のかゆみ予防や治療

乳輪と陰部のかゆみ予防や治療

乳輪と陰部の皮膚について

乳輪と陰部はデリケートゾーンと言われるように、陰部や乳輪部分は皮膚が薄く神経も過敏な部位です。
乳輪と陰部はちょっとした刺激でかゆみをおこしやすく、さらに皮膚が弱いのでかきむしってしまうと皮膚を傷つけてしまうので、なかなか治らない状態になってしまいます。


スポンサードリンク

乳輪と陰部のかゆみを防ぐには?

以下に乳輪と陰部のかゆみ予防するための対策を紹介します。
1.汗で蒸れないように気をつける。
2.ブラジャーは通気性のよい、綿もしくは綿混素材の薄いものにする。
3.スリップもポリエステルよりは綿のほうにする。
4.ショーツも綿がよく、レースなどが当たらないデザインを選ぶ。
5.縫い目が当たってかゆい場合は、裏返すのもよいでしょう。
6.ガードルやきついジーンズの、しめつけのきついものは避ける。
7.夏場は短めの太ももまでくらいものにする。
8.生理時にかゆくなる人は、ナプキンをコットンシートなど敏感肌用にする。
9.生理用ショーツは、綿のものする。
10.おりものシートでかゆくなる場合もあるので、なるべく使わないようする。
11.入浴時は、石けんで洗い、けっしてこすってはいけません。手で外側をそっと洗う程度にします。
12.膣の中をシャワーやビデで洗うと善玉菌が流されてしまうので、やらないようにする。

乳輪と陰部のかゆみに対する治療・対策

乳輪と陰部にかゆみがある場合は弱めのステロイド軟膏を塗ると有効です。1週間以上かゆみがあるときは受診する方がいいです。
カンジダ膣炎の場合は女性なら一度は経験する炎症ですので、恥ずかしがらずに早めに受診することが大切です。こじらせると治療に何年もかかることもあります。

スポンサードリンク



乳輪と陰部のかゆみ予防や治療は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .