カンジダ膣炎の症状・原因・治療について

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 女性の肌の悩みカンジダ膣炎の症状・原因・治療について

カンジダ膣炎の症状・原因・治療について

カンジダ膣炎について

カンジダ膣炎とは、カビの一種であるカンジダ・アルビカンスが膣に感染することで起こる膣炎です。実は女性の陰部のかゆみのうち、約3分の1はカンジダが原因であるといわれています。

それではカンジタとはどのようなものなのでしょうか?
カンジダは人間の皮膚や粘膜に常在菌として住み着いている菌です。
そのため、膣の中は湿度などカビが繁殖しやすい条件が整うと増殖しやすくなります。しかし、通常は善玉菌がいるため悪玉のカンジダが増殖しにくいです。それではどのような場合に増殖するのでしょうか?


スポンサードリンク

カンジタ菌が増殖する原因

カンジダが異常に増殖する原因には、例えば以下のものがあります。

1.免疫低下
疲労やストレス、風邪のときは免疫が低下しやすくなるため、カンジダが繁殖しやすくなります。

2.抗生物質を使用する
抗生物質をしようすると、体内の善玉菌まで殺してしまうため、カンジダが繁殖しやすくなります。
抗生物質を飲用して1〜2週間してかゆみが始まることが多いといわれています。

3.便秘または下痢
カンジダは大腸の中に多く寄生していますので、肛門から膣にカンジダが感染することがあります。そのため、トイレで拭くときには注意しましょう。

4.閉経後
閉経後は卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少しますので、膣の分泌物が減少してしまいます。
膣は粘液を分泌して中を浄化する働きを持ちますので、閉経することでこの自浄作用が弱くなり、カンジダが繁殖しやすくなります。

5.性行為による感染
お互いにうつし合うことからピンポン感染とも言います。男性は感染しても症状がでないため気がつかず、女性にうつしてしまうことがまれにあります。ただし男性からの感染はまれな場合がほとんどです。

カンジダ膣炎の症状

カンジダ膣炎の症状には、陰部に激しいかゆみが生じます。
炎症を起こすと、外陰部は赤くただれて、ひどくなると皮膚が乾燥してカサカサした感じになってくることもあります。そしてヒリヒリした痛みや性交痛を感じることもあります。

カンジダ膣炎ではおりものは、白い酒カス状のようなぼろぼろした感じで、ときには、膣の中にいっぱい詰まり、膣口、小陰唇、大陰唇にまでついていることもあります。
しかし、特別な悪臭はありません。

カンジダ膣炎の治療・対策

カンジダ膣炎の症状がみられたら、対策としてビデやシャワーで膣の中を洗うことは避けます。
そして、婦人科や皮膚科で受診します。
カンジダ膣炎の治療には膣錠を処方してもらい、抗真菌薬を入れると、一般的に1週間ほどで治癒します。
洗浄のため婦人科に通院することもありますが、膣錠を自分で入れるだけでカンジダ膣炎は充分治癒できます。

スポンサードリンク



カンジダ膣炎の症状・原因・治療については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .