コラーゲンと肌の働き

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 皮膚の基礎知識コラーゲンと肌の働き

コラーゲンと肌の働き

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、身体の中のいたるところに存在します。例えば、髪の毛、爪、血管、内臓など、細胞と細胞の間には必ずコラーゲンがあって、細胞同士をくっつけています。

ここでは「皮膚とコラーゲンの関係」と、「コラーゲンと新陳代謝」の2つについて紹介します。

皮膚とコラーゲンの関係

私たちがとっても気にしているお肌の70%がコラーゲンでできています。お肌のコラーゲンは真皮にあります。
コラーゲンは水分を保ち、ゴムのように弾力性のある繊維で、他の組織同士を繋ぎとめる性質があります。この性質が弾力のある肌を保ってくれるのです。


スポンサードリンク

コラーゲンと新陳代謝

コラーゲンは繊維なので、表皮細胞のように生まれ変わることはありません。繊維芽細胞で作られ、古くなると酵素などで分解されるしくみになっています。

コラーゲンは体内でゆっくりと新陳代謝を繰り返して常に新しい状態を保とうとするのですが、年齢とともに新陳代謝は鈍くなってしまいます。
20歳を過ぎるとゆっくりとですが、コラーゲンの新陳代謝が鈍くなり新しいコラーゲンが作られにくくなってしまい、なんと40代以降になると、ほとんど作られなくなるのです。

そのためコラーゲンがもろくなって、肌に弾力がなくなりシワができてしまったりするわけです。

スポンサードリンク



コラーゲンと肌の働きは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .