基底層と皮膚について

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 皮膚の基礎知識基底層と皮膚について

基底層と皮膚について

基底層とは表皮の一番下にある部分で、最も体の内部に近い部分のことをいいます。基底層は常に新しい表皮細胞を作り出して肌のターンオーバーのサイクルが始まる場所です。

ここでは「基底層の役割」と「基底層とメラニン色素」の2つを紹介します。

基底層の役割

基底層の働きは血液から栄養と酸素を受け取り、新しい細胞をつくる働きをしています。
そのため、ダイエットなどの栄養不足、特にたんぱく質不足や、タバコによる血行障害などが、基底層で新しい細胞を作り出すときに影響を及ぼし、ターンオーバーがスムーズに行われなくなります。

また、基底層は強い膜でできているため、真皮を保護するという役目もあります。 真皮まで及んだ傷は元には戻らないため、真皮をガードしているわけです。


スポンサードリンク

基底層とメラニン色素

基底層にはメラノサイトがあり、メラニン色素が作り出されています。これは真皮に紫外線が届かないよう ブロックするためのものです。

日に焼けて肌が黒くなるのは、体内に紫外線が入らないように、皮膚にメラニン色素が生成され、集まるからです。
多く生成されたメラニン色素は蓄積されやすく、真皮にまで通り抜けるとシミとなって残ることになります。

シミ・ソバカスにつながる紫外線等の刺激が、表皮の基底層にあるメラノサイトに影響を及ぼし、多量にメラニン色素を生み出すことを理解し、出来る前にブロックすることを心がけましょう。

スポンサードリンク



基底層と皮膚については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .