角質の役割

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 皮膚の基礎知識角質の役割

角質の役割

お肌の一番表面には外的刺激から肌を守ってくれる角質のバリア機能という角質層があります。 ここでは「角質の役割」と「角質の機能低下の影響」の2つを紹介します。

角質の役割

角質とは表皮の細胞が死んで、皮膚の表面を覆っているものです。顔の場合には約20層の角質細胞が重なって層をなし、厚さは0.002ミリほどの非常に薄い膜からできています。これを「角質層」と言います。

角質層の働きには皮膚に不要な物質が入らないようにガードしてくれる働きや、内部の水分が外へ逃げないように守る働きがあります。
健康な肌は自分自身で保湿成分であるセラミドを作り出し、約30%ほどの水分を保持しています。


スポンサードリンク

角質の機能低下の影響

角質の機能が低下すると、外的刺激が入り込みやすく小さな刺激にも反応してしまいます。これが敏感肌です。

また、水分を作り出す働きが低下してくるとカサついたり、肌があれたり、潤いが不足してきます。これが乾燥肌です。
このように美肌に欠かせない角質のバリア機能が落ちないよう角質ケアを心がけ、たっぷり潤いを与え、刺激に負けないみずみずしいお肌を保つことが大切です。

スポンサードリンク



角質の役割は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .