クレンジング料の役割・種類・選び方

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性の化粧品知識クレンジング料の役割・種類・選び方

クレンジング料の役割・種類・選び方

ここではクレンジング料の役割

クレンジング料はしっかりメイクを落とすために必要となる基礎化粧品です。

クレンジング料にはメイクアップ料を浮かせる油分と、水と馴染ませるための界面活性剤が配合してあるので、効果的に肌の汚れをしっかりと落とすことができます。
中でも界面活性剤の質や量がクレンジング料のポイントだといえるでしょう。

このようにクレンジング料と洗顔料のダブル洗顔で汚れをしっかり落とすことが美肌づくりの一歩となります。


スポンサードリンク

クレンジング料の種類

●肌にやさしいクリームタイプ
クリームクレンジングは肌に優しいタイプです。クレンジングはスキンケアの中でも肌を傷めやすいものなので、決してこすらないように注意しましょう。
また肌に優しいタイプには乳化したジェルタイプもいいです。ミルクタイプも肌にやさしいように思えますが、水気が多いので、メイクアップ料との馴染みはよくないので、ついつい肌をこすって傷める原因になりかねません。

●肌への刺激が強いがよく落ちるクレンジングオイル
最近の雑誌の人気ランキングなどでは、クレンジングオイルが上位を占めていて主流のようです。クレンジングオイルは洗浄力が強く、落ちはいいのですが使用しつづけると肌を傷めます。

また、油分を多く含むのでメイクアップ料との馴染みはよいのですが、それを落とすために他のクレンジング料よりも界面活性剤も多量に必要になることや、液状なので肌をこすってしまいやすいといった点もあります。

●時間がないときに便利なシート状や、ふきとるタイプ
このふきとるタイプが一番肌を傷めます。刺激が強く毎日行なうと赤ら顔になり、シミをつくる原因にもなってしまいます。

●ワンステップで落とせる泡状ででてくるタイプ
手軽な分、肌へ刺激がかかります。泡は水分を含んでいるので、メイクアップ料との馴染みが悪く、それを補足するために界面活性剤が多く配合されているからです。

クレンジング料の選び方

クレンジング料選びは、値段や手軽さで選ぶのではなく、あくまでも質で選ぶようにしましょう。
クレンジング料が少しでも肌に合わないと、どんなにスキンケアに手をかけても肌はきれいになりません。適度な硬さのある上質のクリームタイプがオススメです。
内容成分にちょっと気を使い、優しく丁寧にクレンジングしてお肌を守りましょう。

スポンサードリンク



クレンジング料の役割・種類・選び方は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .