厚生労働省認可の美白成分について

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性の美白厚生労働省認可の美白成分について

厚生労働省認可の美白成分について

美白成分というものは、できてしまったシミを消すというよりは、これからできるシミを予防するという働きが強いものですので、どれもすぐに効果は認められません。
あせらずにコツコツと毎日続けることで、積み重ねの効果が出てくるものなのです。

キチンとした使い方をすれば、効果は得られますので、部分的ではなく、予防として顔全体に毎日使って、長く続けることがコツといえるでしょう。

そこで「厚生労働省認可の美白成分」と「その他美白成分」について紹介します。

厚生労働省認可の美白成分

以下に厚生労働省認可の美白成分の9種類とその簡単な説明を紹介します。

アルブチン・・・コケモモから抽出された成分。
エラグ酸・・・イチゴから抽出。
ルシノール・・モミの木成分に似せた化合物。
ビタミンC誘導体・・ビタミンCを吸収しやすいよう加工したもの。
プラセンタエキス・・豚などの胎盤から抽出。
カモミラET・・・カモミールから抽出。
t-AMCHA・・・シクロアミノ酸誘導体。
トラネキサム酸・・・白い粉末。止血剤・消炎剤。
リノール酸・・サフラワー油などから抽出。


スポンサードリンク

その他の美白成分

ここでは、厚生労働省認可の美白成分以外のその他美白成分について紹介します。

ハイドロキノン・・・
化粧品規制緩和時に配合が可能になった成分。それまでは副作用が心配されるということから配合は禁じられていました。現在でも濃度が高いと若干刺激が出やすく、配合量には気をつけたほうがよいといわれています。

油溶性甘草エキス・・・
甘草という漢方薬から抽出した成分。消炎効果もあり、かぶれにくい。

スポンサードリンク



厚生労働省認可の美白成分については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .