ニキビ痕の種類とケア

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > ニキビ対策ニキビ痕の種類とケア

ニキビ痕の種類とケア

ニキビはつぶすと痕になるとよく言われますが、必ずしもそうとはいえません。ここでは「ニキビ痕」と「ニキビ痕の種類とケア」について紹介します。

ニキビ痕について

ニキビはつぶすことで痕になりそうですが、初期の段階で上手く芯が出せればキレイになることもあるのです。
また男性の場合は肌が硬い人が多いため、痕が残りやすいのかもしれません。またニキビ痕は、それぞれの肌質や体質にもよることが大きいのです。


スポンサードリンク

ニキビ痕の種類とケア

1.赤みが残るニキビ痕
ニキビが進行し炎症を起こし、赤みが生じているタイプは、なかなか消えにくいようです。しかし、2〜3年、長くても5年ほどで消えていくようです。赤みがあるときは日焼けに注意が必要です。
赤みが残るニキビ痕のケアとしてはビタミンC誘導体のコスメやビタミンCのイオン導入が効果的です。

2.シミが残るニキビ痕
炎症後の赤みが茶色のシミに変わるニキビ痕があります。これは炎症性色素沈着によるものです。

シミが残るニキビ痕のケアとしてゃ日焼けすると消えにくくなるので、紫外線予防が大事です。また、美白コスメのお手入れも効果がありますが、専門医のピーリングが、非常に即効性があります。

3.陥没が残るニキビ痕
陥没が残るニキビ痕は俗に言う「クレーター」ですが、完全には消えません。
それは、炎症が毛穴のまわりまで及んで、毛穴そのものが破壊されるため、元通りには再生されないのです。
陥没が残るニキビ痕は炎症を起こしやすい人、皮膚の硬い人にみられるようです。

陥没が残るニキビ痕の対策としては、専門医によるピーリングで、元には戻せなくても、かなりの効果は期待できるようです。

スポンサードリンク



ニキビ痕の種類とケアは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .