脱毛でのトラブル(毛嚢炎・埋没毛など)

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性のムダ毛対策脱毛でのトラブル(毛嚢炎・埋没毛など)

脱毛でのトラブル(毛嚢炎・埋没毛など)

脱毛の中でも、毛を抜くということは、生きた細胞を引き裂いているわけなので、皮膚の一部をちぎるという行為です。そのため、脱毛のあとの肌トラブルが生じることがあります。
ここでは、脱毛のあとの肌トラブルとして「毛嚢炎」「炎症性色素沈着」「埋没毛」「瘢痕化」を紹介します。

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛抜きなどで処理をした時に、毛穴が化膿や炎症を起こしてしまう状態です。
顔にできるものをニキビと呼び、身体にできるものを毛嚢炎と呼んでいます。


スポンサードリンク

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは、毛嚢炎になりその痕がシミとして残ってしまう状態のことです。

埋没毛

埋没毛(まいぼつもう)とは抜いて処理をしたあと、毛穴がふさがったようになり、次の毛が生えてきたときに表面に出てこられない状態のことです。
ほっておくと化膿して毛嚢炎の原因になることがあります。

瘢痕化(はんこんか)

傷ついたあとを再生するために、新しい皮膚ができてきます。その新しい皮膚のことを、瘢痕化といいます。瘢痕はもとの皮膚よりも固くなってしまう状態です。

何度も同じ箇所のムダ毛処理を繰り返すと、どんどん皮膚が固くなり毛穴がボツボツと鳥肌のように目立ってしまいます。

スポンサードリンク



脱毛でのトラブル(毛嚢炎・埋没毛など)は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .