老人性色素斑と炎症性色素沈着

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性のフェイスケア老人性色素斑と炎症性色素沈着

老人性色素斑と炎症性色素沈着

シミといってもいろいろなシミがあります。
シミとは、顔や手に出来る淡褐色や暗褐色の色素斑で、一般的に30代以降に出来る色素沈着は全てシミと表現されています。

なお、シミというのは医学的な言葉ではありませんので、具体的な定義はありません。しかし、医学的には4つに分けられます。
ここではその中でも「老人性色素斑」と「炎症性色素沈着」の2つを紹介します。

老人性色素斑

老人性色素斑とは、紫外線の影響や皮膚の老化に伴ってできる色素斑で、中年以降の女性に最も多く見られるシミです。
白い斑点のようなものも見られ、日光の当たる手や顔に出来てきます。


スポンサードリンク

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、ニキビ痕や傷の痕が、疲れやすい人、生まれつき弱い体質の人に見られることがある色素沈着です。
ムダ毛を抜いたあと、毛穴の周りが黒くなることがありますが、これも炎症性色素沈着です。香水などを使った後に皮膚が日光に敏感になって炎症を起こし、その後に残るシミなどもそうです。

炎症性色素沈着の原因は、炎症などで色素細胞が刺激されてメラニンの増加が起こると考えられています。
時間が経てば消えることもありますが、2〜3年かかることもあり、日焼けにより消えなくなることもあります。

スポンサードリンク



老人性色素斑と炎症性色素沈着は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .