くまの種類(青・黒・茶ぐま)とケア

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性のフェイスケアくまの種類(青・黒・茶ぐま)とケア

くまの種類(青・黒・茶ぐま)とケア

一度現れてしまったクマはなかなか拭い取れないものですし、隠そうと思ってもなかなか隠せません。そこでここではクマの種類である「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」について紹介します。

青グマとケア

青ぐまとは睡眠不足やストレスで、血液不良になり、うっ血している状態です。そのため青グマは血液のうっ滞によるものですから、ひっぱってみると少々薄くなるという特徴があります。
色が白い人、まぶたの薄い人は特に皮膚が透けやすいので目立ってしまいます。

青ぐまのケアには、コラーゲンを増やすお手入れを心がけてみましょう。またコンシーラーという、肌トラブルのカバー用ファンデーションを、目の下のクマなどにスポット的に修正するコスメもあります。

日常での予防として、適度な運動、冷たいものやタバコを控えたり、目の周りの骨に沿ってツボ押し、優しくマッサージしたりしてみるのも効果があります。


スポンサードリンク

黒グマとケア

黒グマは老化によるたるみが原因であることが多く、クマの悩みの中でもっとも多いものです。

年齢とともに目の下の皮膚が薄くなり、眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えきれず、前に突出してきて、陰ができたものです。
そのため黒っぽく見えるので「黒グマ」と呼ばれています。シミとは違い、コンシーラーでは隠すことができず、メイクによって余計に目立ってしまいます。

黒グマのケアとしては、皮膚の新陳代謝を助けてコラーゲンを増やすお手入れを心がけ、肌のハリをアップさせてみましょう。 どうしても悩んでおられる場合には、美容外科で目の下のたるみを取るという手術もあります。

茶グマとケア

余分な角質によるくすみやシミがクマのように見えるものです。目もとの皮膚がむけやすかったり、湿疹ができやすい人、また目をこする癖のある人は、まぶたの角質が厚くなり、これがくすみとなってさらにはクマのようになってしまいます。
この茶色っぽく見える状態を茶グマと呼ばれています。

茶グマのケアとしては、厚くなった角質には軽いピーリングと充分な保湿のケアを心がけてみましょう。 なお、かゆみが出るもの、赤味が出るものを使い続けるのは要注意です。かゆみや湿疹がある場合には皮膚科で相談してみましょう。

スポンサードリンク



くまの種類(青・黒・茶ぐま)とケアは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .