日焼け止めの塗り方

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性のスキンケア日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方

日焼け止め化粧品(UVコスメ)をみなさんはどのように塗られてますか?
日焼け止め(UVコスメ)を塗るときの注意点は「ムラなく」塗ることです。最近の日焼け止め(UVコスメ)は塗ると透明になるものが多くなっていますので、塗った部分と塗らない部分が分かりづらく、「ムラ焼け」になる恐れがあります。

また塗る量が少ないと効果も落ちますし、時間をおいてこまめに塗ることなども大事です。ここでは「日焼け止めをどのくらい塗ればいいのか?」「日焼け止めの塗り方のコツ」について紹介します。

日焼け止めをどのくらいの量を塗ればよいか?

紫外線防止効果試験を行う際には塗布量が1平方センチ当り2mgと定められていますので、もし規定量より少なく塗っていると、表示されているほどの紫外線防止効果がないことになります。

最近の日焼け止めは非常に延びがよくなっていますので、ある調査では、実際には規定量の4分の1程度の量しか塗られていなかったという報告もあります。
重ね塗りするなどして できるだけ厚めに塗るほうが効果的でしょう。


スポンサードリンク

日焼け止めの塗り方のコツ

顔の場合、額と鼻が一番日焼けしやすいので日焼け止めを丁寧に塗ります。また紫外線によるシミは、頬骨のあたりから出来ることが多いので、全体に塗ったあと、頬骨の部分にあとから重ねづけをするのがオススメです。

顔周辺ではうなじや耳たぶ、胸、首などは塗り忘れやすいが多いので注意しましょう。

スポンサードリンク



日焼け止めの塗り方は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .