肌老化の原因

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性のスキンケア肌老化の原因

肌老化の原因

赤ちゃんの肌は、みずみずしくてプルプル しています。若い肌はしっとりしていて、“プルン”と張りがあります。

しかし、年齢を重ねるとだんだんその張りを失い、艶もなくシワも目立ってきます。このように肌が衰えてくることが「肌の老化」です。そもそも肌はなぜ老化するのでしょうか?

ここでは肌の老化の原因として「肌老化と活性酵素」「肌老化と加齢」「その他肌老化の原因」について紹介します。

肌老化と活性酸素

細胞を酸化(サビ)させる酸化能力の非常に強い酸素のことを活性酸素と言います。活性酸素は呼吸により体内に取り込まれた酸素の一部が変化し、イヤでも「活性酸素」が発生します。

この活性酸素が肌をサビさせる原因なのです。活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させます。
皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めていきます。


スポンサードリンク

肌老化と加齢

赤ちゃんのときには80%くらいあった真皮の水分量ですが、20歳をピークに女性の肌から徐々に減少し、乾燥がちになっていきます。
これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。セラミドも年々減少するので、表皮にある角質層の水分も減ってくるというわけです。

肌が乾燥にさらさられると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じていきます。この隙間を通して、表皮の水分が蒸発してゆき、その結果、水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、小じわになっていきます。

その他肌老化の原因

その他肌老化の原因としては、紫外線や間違ったスキンケアでも肌老化を早めてしまいます。肌へのダメージは、目に見えない小さな傷が、毎日肌の奥へ侵入していくからです。

紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。しかも紫外線を長年浴び続けることで、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。
顔と比較して腿の内側やお尻などほとんど紫外線に当らない部分は若い人の肌も歳をとった人の肌もそう変わらない状態ですよね。これにより紫外線がどんなに肌にダメージを与えているかがわかります。

また年齢を重ねるとともに角質のバリア機能が衰え、健康な肌よりも、紫外線や空気の乾燥などの外的影響を受けやすくなり、老化を早める原因になります。
さらに、偏ったダイエットや睡眠不足などの不規則な生活習慣なども肌の老化を左右するのです。

スポンサードリンク



肌老化の原因は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .