巻き爪・陥入爪の治療

男性のメンズ美肌スキンケアトップ > 男性のボディケア巻き爪・陥入爪の治療

巻き爪・陥入爪の治療

爪の変形には、縦すじ、横すじ、爪白癬、巻き爪、陥入爪などがあります。
縦すじとは、爪の老化現象でおこる爪の状態で、横すじ強い圧力や体調不良でおこる爪の状態です。

そして、爪白癬は爪が白くにごる状態で、巻き爪は靴の圧迫などで爪がクルッと曲がってしまう状態、 陥入爪は爪が皮膚に食い込んだ状態をいいます。
ここでは、よくみられる巻き爪と陥入爪について紹介します。

巻き爪の治療

巻き爪は巻き込んだ爪が皮膚を圧迫するため、痛みをともなったり化膿して腫れることがあります。
皮膚科での治療は、歯の矯正と同じように爪に特殊な金属のワイヤーをつけ、巻きを矯正しますが、何年もかかるようです。


スポンサードリンク

陥入爪の治療と対策

陥入爪の治療はひどくなると手術が必要です。
そうならないためにも、対策としては爪を短くせず、爪の角を指よりも長く保つようにしましょう。陥入爪で爪が伸びるまでの間は、テーピングをして、皮膚から爪をうかせるようにしてみます。
皮膚に刺さるほどの場合は皮膚科に相談してみるのもよいです。

スポンサードリンク



巻き爪・陥入爪の治療は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 男性のメンズ美肌スキンケア All rights reserved .